トリトニアの育て方

2019年12月3日春の花,アヤメ科,多年草,季節の花,球根植物

トリトニア 

科名 アヤメ科 多年生植物
属名 トリトニア属 花色 赤・橙色・白・ピンク
学名 Tritonia 草丈 30~40cm
耐寒性 半耐寒性
寒冷地では鉢植えで管理
日照条件 日向
耐暑性 普通 休眠期 その他 球根植物
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
開花🌼🌼
肥料🍦🍦
植え付け
植え替え
🌱

トリトニアは半耐寒性の秋植え春咲き球根植物で、夏の間は地上部が枯れ休眠しますが掘り上げの必要はなく管理が楽です。
霜の降りない暖地では戸外の地植えで越冬できますが、その他の地域では通年鉢植えで管理します。
花色はなど様々で細長く伸びた茎に沢山花をつけ複数のカラーを揃えて植えると春の花壇を美しく彩ってくれます。

1.性質と生育環境

トリトニアは風通しが良く水が溜まらない年中日の当たる場所で管理し、生育期である冬は特に日中たっぷり日に当てます。
半耐寒性であるため霜に当たると枯れてしまいます。
寒さが厳しい地域では鉢植えで育て、冬に間は良く日の当たる風通しの良い室内で管理しましょう。
この期間に十分に日光に当てる事ができなかったら春の開花が少なくなってしまいますので、できる限り日に当てることを心掛けましょう。
室内の管理下では暖房の風が当たらないように注意して下さい。

4月〜5月に開花し、花が終わった茎は根元から切り戻します。

花が全て終わって気温が25度を超えてくる6月から9月までは地上部が枯れて休眠します。
休眠期の間は地植えの場合も鉢植えの場合も掘り上げる必要はなく、植えっぱなしで夏越します。
この時鉢植えは日陰〜明るい日陰になる雨の当たらない軒下に移動させて水を断ちます。
地植えの場合はそのまま降雨に当たっても大丈夫で、真夏の日照りが続き土がカラカラになっても水を与える必要はありません。

日中の気温が25度を下回ってくる10月頃に休眠から目覚め再び活動を始めます。
花茎が細く長く伸び、花茎の真ん中辺りから先端まで連なって花をつけ、花の重さで斜めに倒れてくるので支柱を立ててあげると良いでしょう。

2.用土

市販の花の土に水はけを良くするために川砂やパーライトを2割程混ぜ込みます。
ブレンドするなら赤玉土5・腐葉土3・川砂orパーライトなど2を使用します。
トリトニアは多湿を嫌い、土壌が常に湿った状態だとカビが発生して腐って枯れてしまいます。
植えっ放しで梅雨を過ごす地植えは、雨が溜まらない場所で、しっかりと水はけが良い土壌作りをしましょう。

3.水やり

地植えの場合は降雨に任せ、休眠期に入る6月〜9月の間に土壌がカラカラに乾いても水をあげる必要はありません。
霜の降りない暖地では安易に戸外で越冬でき水やりも降雨のみで良いので育てやすいです。

鉢植えの場合は土の表面が乾いてからたっぷり水をあげます。
真冬は土の表面が乾いてから2〜3日してから水をあげて下さい。
6月辺りに地上部が完全に枯れ休眠期に入ったら、雨の当たらない風通しの良い軒下に移動させ水を断ちます。
残暑が過ぎ去り涼しくなった10月頃に再び芽を出したら水やりを再開して下さい。

4.肥料

地植えの場合は植え付けの時に元肥を混ぜ混み、その後は4月と10月に固形の緩効性肥料を株元に置きます。

鉢植えの場合は球根を植え付けて葉が数枚出始める10時〜11月から翌年5月まで2週間に1回薄めた液体肥料を与えるか、1ヶ月に1回固形の緩効性肥料を与えます。

5.植え付け・植え替え・増やし方

球根は日中の気温が25度を下回った10月上旬〜下旬に植え付けます。
秋の深まりが早い関東以北では10月上旬のうちに済ませましょう。

鉢植えの場合は球根の成長具合を見ながら2〜3年を目安に株分けを兼ねて植え替えをします。
時期は植え付け時期と同じ10月です。

地植えの場合は4〜5年植えっ放しで構いません。
分球し年々株が増えて行くので球根を傷付けないように深めに掘り起こして株分けします。
分球した球根は速やかに新しい土壌に植え付けましょう。