ホタルブクロ

夏の花,多年草,キキョウ科,山野草

 



ホタルブクロとは5月~7月頃にベル型の花を咲かせるをつける多年草の山野草です。
花色は白、ピンク、紫とあるようです。
こちらの絵は二重のホタルブクロで、初夏の心地よい風が吹く良く晴れた日に福岡県太宰府市にある竈門神社に咲いていた花です。
駐車場から神社へと続く階段を囲む紅葉の木々の間から差し込む光が心地よく、
最近始めたウォーキングとストレッチの効果もあり軽い足取りで階段を上りました。

階段の脇に植えられているアジサイも花を開き始めたころで、
今年もこうして初夏の訪れを感じることができてうれしく思いながら、階段を上った先にある小さな水辺にホタルブクロが足元にちょこんと元気に育っていて可愛い花をたくさん咲かせてるのを見つけて大興奮。
可愛い。白い。ちょっとピンクがかっている。
なんでホタルブクロちゃんはうつむいて咲いてるの?
土を歩く虫を見てるの?太陽がまぶしすぎるの?
鳥や虫たちに蜜を吸われるのが嫌なの??
きれいに咲いたね、良かったね~!!
花の中が見たいから下から写真を撮らせてくれ!!
そんなことしていると、ありあまる体力で階段を駆け上がった娘たちに呼ばれ、道行く人の邪魔になるまいと下からの撮影はあきらめました…。
花壇を抜群に彩る派手さはないものの、うつむきながらも白く美しい花を咲かせる姿に魅了されました。

可愛いホタルブクロちゃんを心におさめようと絵に描き色を塗りましたが、モノクロに編集しました。
後日、娘たちが「ママーダンゴムシの絵かいて~」
と母を悩ます要求をつきたので、
「ダンゴムシちゃんを良く知ってるのは○○だから、まずは○○がかいてママにみせて~」と促すと、
「わかったーかいてくるー」と元気よく答えてくれました。
数分後、ダンゴムシがかけたと嬉しそうに見せてくれました。



ん??ママの描いた絵だよ??
娘「下の方見て!ダンゴムシ!現る!」



なんとホタルブクロを支える支柱に登っているダンゴムシを描いたそうです。
おかあちゃん驚いた。
お花をみたくて登っているそうです。
ダンゴムシを描いてとお願いしてきたのは下の娘で、ダンゴムシの線を描いてくれたのはお姉ちゃん、
下の子がダンゴムシの色を塗ったそうです。
何気ないものにいつもいつも色を足してくれるのは娘たちです。
小さなことでも喜び楽しんでくれる。娘たちよ、ありがとう。

そんなかけがえのない娘たち、まずは下の子を紹介します。
現在小学2年生。
娘たちの絵を描くのが大好きです。神社に行ったときの写真を参考にかきました。
もちろんマスクはかいてません。
お姉ちゃんから一言「この写真マスクしてるよ」
可愛いお顔が見えんでしょうがと訴え納得してまらいました。
絵にまでマスクは必要ないずら。