黄金カズラの育て方 黄金錦

2019年12月3日春の花,低木,多年草,季節の花,キョウチクトウ科


黄金カズラ 

科名 キョウチクトウ科 多年生植物
属名 テイカカズラ属 葉色 緑 黄緑 黄色 白 赤 橙色
学名 Trachelospermum asiaticum 草丈 30cm~
耐寒性 強い 日照条件 半日蔭~日向
耐暑性 強い その他 蔓性 常緑 カラーリーフ

 

黄金カズラはテイカカズラの斑入りの種で蔓性低木の多年草です。
緑葉に良く日光に当てる事で黄金色の斑が入り、新芽は赤や橙色で黄金色の葉とのコントラストがとても美しい植物です。
強健で耐寒性と耐暑性があり、常緑で越冬し、蔓性であるため同じキョウチクトウ科のハツユキカズラと同様グランドカバーとして多く利用されています。
蔓性なので鉢植えにする場合はハンキングにします。

1.性質と生育環境

黄金カズラは年中戸外の日当たりで管理します。
株が大きく成長していて真夏の暑さに慣れているものはあまり心配はいりませんが、真夏の強い西日で葉焼けを起こす事があるので真夏は午前中日が当たる半日陰へ。
地植えの場合は西日を避けるための日除けをしてあげると良いです。
多湿気味を好むので鉢植えの場合は乾燥に注意してあげて下さい。
晩秋に寒さに当たると紅葉します。
春に苗が出回るので、4月〜7月上旬に植え付けましょう。

2.用土

市販の花の土か、赤玉土6・腐葉土3・パーライト1のブレンド土。
水はけ、水もちが良い土壌作りをしましょう。

3.水やり

地植えの場合は降雨に任せますが、真夏の日照りが続く場合は様子を見て水をあげて下さい。
鉢植えは乾燥しすぎないように注意して、表面が乾いたらたっぷり水をあげて下さい。
真夏は水が切れるとあっという間に萎れてしまいます。日当たりの良い場所にあるものは朝晩の2回水をあげてください。

4.肥料

鉢植えは4月〜6月・9月〜10月に、月に1回程度緩行性の固形料を与えて下さい。
地植えは特に肥料は必要としません。

5.植え替え・植え付け

鉢植えは真夏の猛暑を避けた4月〜9月に植え替え・植え付けます。
株が大きくなり根が詰まっているようなら1年に1回、そうでなければ2年に1回程度に植え替えましょう。

6.増やし方

挿し木で増やせます。
適期は6月〜8月で、今年伸びた新芽を10㎝程の長さに切り、上部の葉を3枚ほど残して下葉を取り1時間ほど水を入れたコップに挿して十分に吸水させます。
挿し木専用土か清潔な赤玉土や鹿沼土に挿して水を切らさないように明るい日陰で管理します。
すると1ヶ月程すると芽が出ます。